カードローンの返済方法 毎月元利均等返済と残高スライド方式の比較

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

残高スライド方式と毎月元利均等返済はどう違うの?

キャッシングでお金を返すと必ず
返済をしていく必要があります。

 

返済時期としては、「毎月」というのが
基本です。

 

毎月を基準に、ある程度決まった額を
必ず返済していくことで、借金を
減らしていきます。

 

この返済方法には大きく分けて2つの
種類があります。それが、

 

毎月元利均等返済
残高スライド方式

 

と呼ばれるものです。

 

ではこの2つの返済方法について詳しく
解説していきます。

 

使い方の区別

 

貸金業者や銀行などでは、
この2つの返済方法のどちらかを
採用しています。

 

消費者金融などのキャッシングでは、
ほとんどが「残高スライド方式」です。

 

それに対し、銀行系ローンでは、
残高スライド方式と毎月元利均等返済
をそれぞれ用意して、ローンの種類を
分けています。

 

銀行のように分けてローンの種類を作って
いる理由は、この2つのメリットデメリットを
債務者が好きな方を選択できるようにして
いるといえます。

 

残高スライド方式と毎月元利均等返済の具体的な返済方法

 

「毎月元利均等返済」は借入金額
の大小に関わらず、返済する期間を決め、
毎月一定の固定金額を返済していくものです。

 

銀行のローンなら、住宅ローンや自動車ローン、
教育ローン
などの目的に応じたローンに
使われている返済方法です。

 

それに対して、「残高スライド方式」
今の借入金の額に対して、毎月の支払
金額の最低額が決まるものです。

 

アコムやモビットなどのフリーローンが主となる
消費者金融系では、ほとんどがこの返済
方法を利用しています。

 

2つの返済についてもう少し詳しく説明します

 

「毎月元利均等返済」は住宅ローン
などのように、1年から数年程度の
返済期間を設定して、借入金が「0円」
になるまでの、元金と利息を計算をした
毎月の返済計画表を作ります。

 

基本的に毎月の返済額は完全固定で、
決まった金額を変えることは通常できません。

 

もしボーナスなどで一時的に返済をしたい
時などは、その都度銀行に行ってその
要望をすると可能です。

 

銀行は再度、残高と残りの返済期間に
対しての金利計算を行い、新しい返済
計画を作り直してくれます。

 

 

「残高スライド方式」は今の借入金額に
よって月々の返済額が決まってきます。

 

先ほど残高スライド方式の返済は
消費者金融系に多いとご紹介しましたが、

 

銀行でもフリーローンに関しては残高スライド
方式での返済方法を使ったローンも用意
しています。

 

たとえば「イオン銀行」での「カードローンBIG」
という銀行ローンでは、次のような返済方法
をとっています。

 

 

↓クリックで拡大
イオン銀行のカードローンBIGの返済方法の説明

 

 

10万円以下なら月3000円、
40万円以下なら月5000円、
100万円以下なら月15000円、
・・・

 

のように最高借入金600万円超えまで
の返済金額の種類が設定されています。

 

消費者金融系においても残高スライド
方式と言えば、この方法と同じです。

 

個々の貸金業者で決められた利息や返済
必要額が決められています。

 

2つのメリットとデメリット

 

●「毎月元利均等返済」

 

メリット・・・一度目的の金額を借りると
基本的に追加借入はできないので、
ついつい借り過ぎることがない。

 

デメリット・・・緊急時、突然の出費には
対応しづらい。必ず毎月同じ金額を
支払う必要がある。

 

 

●「残高スライド方式」

 

メリット・・・急な出費にもコンビニ・スーパー
銀行のATMなどですぐに借りることができ、
またすぐに返すこともできる機動力がある。

 

デメリット・・・いつでもどこでも借りられて
しまうので、つい必要以上に借りてしまっ
ている場合がある。

 

どちらの返済方法がお得?

 

残高スライド方式と毎月元利均等返済、

 

この2つの返済方法にはそれぞれ、
メリットとデメリットがあります。

 

ですので、どちらがお得と考えると甲乙は
つけがたいところがあります。

 

メリットとデメリットを比較して、融資を
希望するユーザーが「メリットの大きい
方」を選択すると、

 

おそらく、あなたにあった返済方法を
選ぶことができるはずです。

 

どちらの返済方法においてもきちっとした
返済計画を立てる、自分の毎月の収入
から逸脱するような借金をしないことが
大事です。

 

topに戻る

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

プロミスについての知識を深掘り
カードローンのキャッシングで人気のプロミスについて知りたい情報を取材してみました。
ノンバンク融資とは消費者金融とビジネスローンの2種類の借入がある
ノンバンクとは消費者金融会社や事業融資・ビジネスローン会社のことである。もしあなたがノンバンクのカードローンでお金を借りたいと思っているならその前にこのページを読んでください。
キャッシングとはキャッシングとカードローンの比較や違い
キャッシングとカードローンを例にとって、キャッシングの具体的な意味を学んでおきましょう。返済方法、一括払いと分割払いの区別、メリットデメリットなど。
土日祝でもキャッシングの審査は可能?
土日祝にキャッシングの審査ができる会社なら、いざというときや平日に余裕がない方でもカードローンやキャッシングの申し込み後、審査結果が最短30分でわかります。
カードローンや即日キャッシングの審査でチェックされる「個人信用情報」とは?
キャッシングやカードローンを新規で申し込むときに審査される「個人信用情報」についてご紹介します。即日キャッシングでもそうでない場合でも、審査は必ず必要となります。
キャッシングの総量規制ってなに?総量規制対象外と消費者金融と銀行の違い
総量規制とは、1人の人のカードローンやキャッシングでの借入金の総合計上限を規制する法律です。総量規制の対象となるキャッシングとそうでないキャッシングなどについてお話しします。
消費者金融の利息って高い?安い?キャッシングの金利18%は融資上限額次第で下がる
お金を借りるときに支払う利息について。消費者金融や銀行でのキャッシングの金利の仕組みをしっかりと理解してお得に即日キャッシングで借りよう。
借金をまとめる カードローンを一本化するおまとめローンへの借り換え
複数の金融機関や消費者金融からお金を借りていると、返済に苦労していませんか?毎月の返済を1つのキャッシング会社にしてまとめるだけでも、煩雑さが省けます。
大学生が即日キャッシングするならぶっちゃけどこが良い?
何かとお金が必要なのは大人だけではありません。一人暮らしをしている学生さんでもちょっとしたキャッシングでお金は必要なようです。おすすめのキャッシングをご紹介します。
キャッシング・カードローン・クレジットカードにまつわるQ&A
カードについて、よくある質問やその回答、あらゆる疑問について解説しています。
銀行のカードローンは証書貸付
銀行のカードローンの申し込みをネットで行うことが増えましたが、借用書はあるのかないのか?
おまとめローンのメリット。デメリットはないのか?
アコムやプロミスなど、今借りているローンが複数あるなら、1本化して楽な返済にしませんか?おまとめローンのメリットやデメリット、審査などについてご紹介します。