行き過ぎた銀行のカードローン顧客獲得に待った!審査が通りにくい銀行カードより30日無利息を狙う

スポンサードリンク
※急な出費のときに困らない為の安心のキャッシングカードは必ず1枚作っておく!のが常識


プロミスカード、助かってます。体験談書きました。ぜひ読んで見てください!

2015年は多くの銀行がカードローンの発行・貸出に積極的だった

2015年から銀行は個人向けのカードローン
事業を強化していました。

 

数字としては2015年末の銀行の個人向け
融資の貸出残高は、

 

前年比11.6%増の4兆9470億円となり
1998年以来の高い水準となっています。

 

それまでは、貸金業のイメージダウンを
嫌って銀行はあまりカードローンの強化に
積極的ではなかったのですが、

 

ここまでカードローン事業を積極的に
展開するようになった、

 

それはいったいなぜでしょうか?

 

日銀の金融緩和

 

その理由は、日銀の金融緩和にあります。

 

大規模な金融緩和と、2016年のマイナス
金利政策で、

 

企業向けの事業融資や住宅ローン
の金利が大きく低下し、

 

利ザヤの収入が減少する事例が
増えています。

 

比較的高い利ザヤがあるカードローン

 

そこで困った銀行は個人向けのカードローン
の発行に積極的に動いています。

 

銀行でのカードローンは単に消費者金融
のキャッシングの金利・利息の設定を真似て
いるといえます。

 

年率の金利がおおよそ10数%以上はあり、
(貸付限度額による。)

 

(参考 ・限度額200万超なら楽天銀行カードローンよりオリックスvipローンカードの金利が安い

 

住宅ローンのような1%を切る金利に
比べると高い金利を設定できます。

 

ユーザーにメリットはあるのか?

 

銀行がカードローンを積極的に展開する
ことで、私たち消費者ユーザーにはどういった
メリットがあるでしょうか?

 

総量規制にかからない

 

実は、現在日本では一人のユーザーに

 

年収の3分の1以上の
融資を貸金業者はしてはならない

 

と法律で決まっています。

 

これが総量規制と呼ばれるものです。

 

しかしこれは、アイフルやプロミスのような
貸金業者に向けた法律であり、

 

銀行は銀行業であり貸金業者には
含まれず、対象外となっていたため、

 

実質、総量規制にとらわれない積極的
な融資が可能となっていました。

 

しかし、このメリットと思われた部分は、
実はデメリットになって、私たちユーザー
に返ってきました。

 

topに戻る

金融庁から「貸し出しを抑えるよう自主規制」の通達

金利がノンバンク(消費者金融)より
少し安いといったメリットもあり、

 

銀行カードローンを持つユーザーや、
貸出残高が増える一方、

 

どうしても出てしまうデメリットとして、

 

「カードローン破産」

 

も増えてしまいました。

 

決して良いとは言えない、この大きな
銀行の失態の原因は、

 

借りる必要がない人にも積極的にカードローン
を作ることをあおった

 

事が挙げられます。

 

そもそも、カードローンとは

 

 

といった、「今まさにお金が必要」という
方のための、「救世主」的な存在で
あるべきでした。

 

 

それが、利益を追求することを優先にした、
テレビCMなどでのあおりを行ったことで、

 

借りる必要のない人までもがカードを作り、

 

結果的にギャンブルやリスクの高い投資など
で融資を受けてしまったことにあります。

 

 

まさに「マネーゲーム」と呼ばれても仕方が
無い施策を銀行は行ってしまいました。

 

そのため、それを見かねた金融庁が
銀行に対し、「個人向け融資の積極的な
貸し出しは自主規制をするよう」に要請
を行いました。

 

現在では、金融庁からの通達により銀行は、
積極的な貸し出しを控えています。

 

また、個人向けだけではなくビジネスローン
や事業融資においても、審査を厳しくして
全体の貸出残高を下げようとしています。

 

つまり、「貸し渋りが起こっている」と
いっても間違いではないでしょう。

 

 

topに戻る

貸し渋りによる対策を考えよう

銀行のカードローンを申し込んでも、

 

「審査がなかなか通らない」

 

と感じてる方が増えています。

 

しかし、カードローンは銀行だけではありません。

 

民間企業の金融機関もあります。

 

それがノンバンク(消費者金融)です。

 

消費者金融と聞くと悪いイメージを
持つ人もいるかもしれませんが、

 

現在では、ほとんどの消費者金融は
経営上「銀行がバックアップする」
形が取られており、

 

銀行のカードローンと何ら変わりがない
キャッシングの方法です。

 

 

消費者金融はなぜ自主規制を通達されなかったのか?

 

そもそも、消費者金融でお金を借りると
「返済が大変」「金利が高い」という
イメージがあるので、

 

「借りる必要のない人がカードを作る」

 

という事はほとんど無いのです。

 

消費者金融でお金を借りる必要のある人は、

 

国や銀行がお金を貸してくれない

 

という切羽詰まった状況において、
それでもどうしてもわずかなお金でも
借りないと、今後の生活や人生が
間違った方向に行ってしまう、

 

というような方が一時的にお金を貸して
もらいたいと願い、申込をするものです。

 

そもそも、いたずらにキャッシングを助長
させるような目的で用意されたものでは
ないのです。

 

 

ですので、そもそも自主規制が必要になる
ような貸出残高の増大等はありません。

 

今後について

 

今どうしてもお金が必要な方で、
銀行カードローンで借りられない
というのであれば、

 

プロミスや、モビットなどのノンバンク
(消費者金融)に審査の申し込みを
して下さい。

 

 

しかし、この先消費者金融においても
「貸し渋り」が始まる可能性があります。

 

そうなると、「どこからもお金を借りられない」
といった状況になり、

 

その時点で慌てて申し込んでもカードすら
作れない事は間違いないでしょう。

 

「ことすでに遅し」とならないよう、
少し先を見てどうしてもお金が必要な
場合は、

 

早めの対策をとっておくことが賢明です。

 

 

※ご契約内容をよくご確認ください。収入と支出のバランスを大切に。無理のないご返済計画を。

 

topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ノンバンクについて深掘り
会社法人・個人事業主のビジネスローンとしてメリットのあるノンバンクについて。 事業融資・運転資金を銀行以外で調達することができます。
オリックスVIPローンカードBUSINESS個人事業主・法人経営者審査申込み他
ビジネスローンにおすすめの(orix)オリックス・クレジット株式会社のVIPローンカードビジネスは、信頼ある大手ノンバンク会社が展開する事業融資です。
審査が甘いビジネスローンで50万円借りるときと10万円借りるとき違いはあるのか?
ビジネスローンの申し込みで最も気になることの一つ、「審査」について解説します。ノンバンクは銀行より審査の甘いは本当か?
45日間無利息・金利0円のビジネスローンがたった1社だけある
プロミスやアイフルのように初回30日間無利息でキャッシングができるのと同じように、事業資金融資においても初回無利息で借りられる期間がある会社が1社だけありました。
ビジネスローンを銀行で断られてもあきらめない!この3社の審査を受けてみる
事業融資や運転資金の調達は銀行以外でも可能です。銀行以外の「ビジネスローン」のメリットやデメリットをご紹介します。
ビジネスローンで即日の融資が可能なノンバンクはこの3社から選べ!
至急のビジネスローンなら銀行よりノンバンクの可能性を実感。その理由やビジネスローンの比較から最適な金融機関を選ぶ。
ビジネスローンとは?有効活用のための5つのメリット
個人経営者・会社法人代表者が融資を受けたいと考えるなら「ビジネスローン」があります。まずはビジネスローンとは?についての詳細をご覧ください。
ビジネスローンを比較!無担保や金利手数料無料に注目
事業資金を比較されている方に朗報。今なら日銀マイナス金利政策で積極的に無担保融資するビジネスローン会社に審査を申し込むことが可能です。
ビジネスローンを個人事業主で申込み。金融のプロが2つの機関の選択肢をアドバイス
個人事業主でもビジネスローンや事業融資は受けられますが、申し込み者によって適切な金融機関を選ばなければメリットが半減してしまいす。ビジネスローンで失敗しない為のアドバイスを御紹介します。
ビジネスとお金 経営資金を借りる金融業者メリットとデメリット
日本の会社経営では、約7割の会社が何らかの借金をしていると統計ででているそうです。会社経営と切っては切れない借金を考える。
ノンバンクで事業融資・運転資金融資を受ける。たった一つの金利0円期間がある会社
飲食店などの個人事業主や会社経営に携わる方全般にお届けする、法人融資や事業資金・運転資金の融資を出来る限り実現させる唯一の方法をご紹介します。
ビジネスローン 不動産担保有・無担保 2つの融資の比較・違い
ビジネスローンでは、個人の融資と同じように、不動産担保と無担保のシステムがあります。この2つの比較をしてわかることは?